導入

AVIUTL

【完全版】AviUtlのダウンロード Windows版

投稿日:2019年12月27日 更新日:

AviUtlは本体と補助するソフトで本領を発揮します。
今回は、すぐに編集する事が出来るようになるまでの流れを解説します。

下準備

Cドライブ直下フォルダを作ります。
名前はお好みで大丈夫ですが、free softwareで私は作りました。

コピペ用
free software

この中に今後いろいろとダウンロードしていきます。

AviUtl本体

AviUtlの本体をダウンロードするまで、4Stepあります。
一つずつ見ていきましょう。

AviUtlのお部屋にアクセス

AVIUTL
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

「aviutl.zip」をダウンロード

一番上のソフトを下準備で作成したフォルダダウンロードしましょう。
最新バージョンをダウンロードした方が、使いやすいですしエラーが起こりにくいです。

「aviutl」を解凍しよう

先ほど、ダウンロードした「aviutl.zip」解凍します。
「aviutl.zip」を左クリック→解凍を押して解凍。

解凍出来た目安として、
解凍前は、ジッパーが閉めてありますが、
解凍後は、フォルダが開いたようになっています。

フォルダが開いているようになっていたら、解凍が成功しています!

解凍したフォルダを開くと、
「aviutl.exe」か「aviutl」があると思います。
この二つの違いはパソコンの設定ですので気にしないでください。

拡張編集Plugin

AviUtlの本体だけでは、満足に編集する事が出来ません
なので、追加でプラグインを入れて機能を拡張します。
こちらも4Stepあります。
※プラグイン(Plugin)とは
 ソフトウェアに機能を追加するためのプログラムのことです

もう一度、AviUtlのお部屋にアクセス

AVIUTL
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

「exedit92.zip」のダウンロード

「aviutl」と同様に拡張編集Pluginの一番上を下準備で作成したフォルダにダウンロードします。
理由は同じで、最新版の方がエラーが少ないのと、機能が多くあります。

「exedit92.zip」の解凍

「aviutl.zip」と同様に解凍します。
もう一度操作を書きますと、
左クリック→解凍を押して解凍です。

「拡張編集Plugin」を「aviutl」に適用

このままでは、aviutlで拡張編集を使う事が出来ません。
なので、使えるように適用していきます。

フォルダの作成

aviutlフォルダの中に「Plugins」のフォルダを作成します。
名前は、絶対にPluginsにしてください。
それ以外は正しく動作しない事がほとんどです。

コピペ用
Plugins

「exedit92.zip」の中身を「Plugins」へ

「exedit92.zip」の中身を全て「Plugins」の中に入れます。
※ここで注意して欲しいのが、「exedit92.zip」のフォルダをそのまま入れるのではなく、中身だけを入れます。

これで、AviUtlで拡張編集が出来るようになりました。

L-SMASH Works

AviUtlだけでは、ほとんどの動画を読み込むことが出来ません。
そこで、このソフトを入れます。

RePOPnにアクセス

「L-SMASH Works r935 release2」をダウンロード

サイト内の「L-SMASH Works r935 release2」を下準備で作成したフォルダにダウンロードします。
「L-SMASH Works r935 release2 sourcecode」これではないので気をつけて下さい。

○「L-SMASH Works r935 release2」
×「L-SMASH Works r935 release2 sourcecode」

「L-SMASH Works r935 release2」の解凍

ダウンロードした「L-SMASH Works r935 release2」を解凍します。
だめ押しでもう一度操作を書きますと、
左クリック→解凍を押して解凍です。

「L-SMASH Works r935 release2」を「aviutl」に適用

「L-SMASH Works r935 release2」の中身を「Plugins」へ入れます。
拡張編集pluginと同様に中身だけを入れるので気をつけて下さいね。

x264guiEx

mp4形式で出力する為のプラグインです。
これが無いと、AviUtlで出力した動画が使い物になりません。

「rigayaの日記兼メモ帳」にアクセス

https://rigaya34589.blog.fc2.com/

「x264guiEx」をダウンロード

赤で囲まれたところをクリックしましょう。
x264guiEx_2.61v3.zipをダウンロード。

「x264guiEx」を解凍

ダウンロードした「x264guiEx」を解凍します。
もう、解凍の仕方は大丈夫ですね笑

「x264guiEx」を「aviutl」に適用

aut_setupを起動してください。

aviutl.exeがあるフォルダを選択して次に進みます。
ダウンロードが終わったら終了します。

終わり

これで、AviUtlをダウンロードする事が出来ました。
パソコンや環境によっては出来ない場合もありますので、こちらの動画などを参考にしてみてください。

本気でYoutubeにコミットするなら

-導入
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

DaVinci Resolve16

DaVinci Resolve16 ダウンロード・インストール・日本語化

DaVinci Resolve16(ダヴィンチ リゾルブ16)のダウンロード・インストール・日本語化までを分かりやすく解説していきます。 初めての方は、選択肢が複数出てくるところもあるので不安なく導入 …